2013年07月05日

話題の食べる順番ダイエットとは!?

食べる順番ダイエットがかなり浸透してきてますねーexclamation

野菜を最初に食べて、その後に肉や魚、そしてご飯を食べるというダイエットです。(^^)v

この順番に食べることで、野菜に含まれる食物繊維がインスリンの分泌を抑えて、太りにくい体質にするのだそうです!

野菜といってもいろいろありますが、とにかく食物繊維です!青果やフルーツにたねがあるとはあまり思えません。高校を修了して慣れない朝方からの職の心労に身が拒絶反応を示してるのではないでしょうか。

私もアトピー持ちですが、汗をかくとかゆいのは身質的に仕奴ないとして、心労でかゆくなるのはどうした方かなぁと目下でも思ってます。サナトリウムももう少し親身になって診てくれるお医師さんに切り替えた奴がいいように思います。

家督は巧みに骨休めする手段を見つけて身を辛労わってくださいね。とにかく食べる順番に気を付けて、健康的なダイエットを心がけることが大切です。
食べる順番ダイエット
タグ:食物繊維
posted by AYANO at 16:00| ダイエット | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

冷え性にはツライ季節・・

冷え性の私は、冬よりもクーラーの季節が大変です。しかも梅雨時のほうが冷たくなってシンドイです。。バッド(下向き矢印)

梅雨時は湿気のせいで、より寒く感じます。なんだか芯まで冷える感じで・・(;_;)

冷え性は本当に辛くて、本人にしか分からないですよね。いつもは気迫で病を治すような型だったとのわですが、現在のような容態が出る先に何か大きく目玉や身体に心労がかかるような事件はなかったでしょうか。

強い心労を受けたタイム、身体には張り詰める状況が起こります。そのは、生き身防衛の利益の正しいな反応であり、心労が解禁されると、身体もくつろぐした状況に戻ります。

しかし、何らかのもとで、心労が解禁されても身体が張り詰めるした状況を保ち続けるわを「過目覚まし」といい、不眠症、イライラする、些細な音に過敏に反応する、警戒心が強くなり落ち着きがなくなる、などといった状況が続いてしまうわがあります。

全然的外れであるかも知れませんが、容態を読むと「過目覚まし」が末端に浮かびました。私は、薬剤療法がメインではなくカウンセリング尊重の心療内科に行って、容態が良くなってきました。ご質問を読むと、医者に不信感を持ってられるような神経がします。

メンタルな病は、医者との合い口がとても大切と思いますので、もし合い口が合わなければ、新たなすえを探すのが良いかと思います。また、突端の回答者様のご意見に書かれてあるように、漢方薬物を飲まれるのでしたら、心療内科とは違う、漢方を専門に扱っている漢方内科か漢方薬物局などで診察をしてもらい、漢方薬物を選んでもらった等が良いです。

「吐き神経には半夏瀉目玉湯、イライラには加味逍遥散」など画六的な診察で処等されたのだと思いますが、中医学の診察はそんなたやすいな品物ではなくて、べろを診たり、脈搏を診たり、容態をじっくり詳しく聞いた上方で漢方薬物を選びます。ですので、漢方のプロに診てもらうと、もっと質問者様に似合いと合った漢方薬物を処等してくれると思います。

冷え性のひとつに冷えのぼせという症状があります。メカニズムは同じなので、もし冷えのぼせになった場合は冷え性と同じ対策をとって下さい!
冷えのぼせ
タグ:冷えのぼせ
posted by AYANO at 17:42| 冷え性 | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

スロットで借金をした想い出

あれは学生のころ・・ パチンコやスロットが生活のほとんどをしめていましたバッド(下向き矢印)

バイトしてはつぎ込んで、そしてキャシングして借金をして・・・

今思えば、なんというもったいない時間の使い方をしていたのだろうかと。もうやだ〜(悲しい顔)

借金に関しては利子がきつかった。いくら返してもあまり元金が減らず。3~4千を半月借りるんだったら利子もたかがしれてるのでどこらで借りても一緒。

レイクでもアコムでも無人契約機に行って審査してもらえば?己が使ってる掛け売り会社はショッピングは出来るけどキャッシングは審査がダメで借り入れが出来ません。

この「審査漏れ」の由がわからないので審査が通るかどうかはなんとも言えない。ダメ元で審査してもらえばいい。

会社の名称を書いたら会社に接続があるのか気がかりです在籍確かめるのテレフォンは必ずあるが、オペレーターは個名でかけるのであまり神経にしなくてもいい。やはり借金はしないに越したことはない。
posted by AYANO at 16:10| 借金 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。